「うちの子」の補償内容

  • image

    通院から
    入院・手術まで
    幅広くカバー

  • image

    1回の通院から補償!
    さらに補償対象とならない
    免責金額の設定なし

  • image

    70%50%
    選べる2つの
    補償プラン

補償内容

通院から手術まで幅広い補償で安心。補償プランに応じて、大切なペットの通院・入院・手術の費用を補償します。

補償対象 通院 入院 手術
補償プラン 70%プラン 50%プラン
補償割合 70% 50%
保険期間 1年間(2年目以降は自動継続)
支払限度額・支払限度日数(回数)
70%プラン 50%プラン
通院1日あたりの
支払限度額
1日あたり
12,000円
(年間22日まで)
1日あたり
12,000円
(年間22日まで)
入院1日あたりの
支払限度額
1日あたり
30,000円
(年間22日まで)
1日あたり
12,000円
(年間22日まで)
手術1日あたりの
支払限度額
1回あたり
150,000円
(年間2回まで)
1回あたり
100,000円
(年間2回まで)
補償限度額
(年間)
最大122.4万円 最大72.8万円
  • 保険期間中に補償内容(プラン等)の変更はできません。補償内容(プラン等)の変更は、ご継続時のみお手続き可能です。

保険金の計算方法

お支払いする保険金は、補償対象の診療費に補償割合を乗じた額に対し、1日(回)あたりの支払限度額が限度となります。

通院を1日して、補償対象の診療費が2万円だった場合(70%プラン契約時)

  • 補償対象の診療費

    20,000円 × 70% = 14,000円

  • 支払限度額

    通院1日あたり12,000円まで

  • アイペットがお支払いする保険金

    12,000円

補償対象について

アイペットのペット保険は、補償開始後に発症および獣医師の診断によって発見された病気やケガの診療費が補償の対象となります。

補償の対象例

image

先天性疾患の場合は、補償開始後に獣医師の診断により発見されたときに、補償の対象となります。

例えば…
「膝蓋骨脱臼」=通称「パテラ」

小型犬に多いと言われるヒザの疾患ですが、アイペットの場合、補償開始後に獣医師の診断によりはじめて発見された場合は、グレードや先天性・後天性に関わらず補償されます。

保険金請求事例

胃腸炎の場合

嘔吐があり、ウンチも軟らかかったため、病院に連れて行きました。「胃腸炎」と診断され、お薬で治療することになりました。

image

品種
ポメラニアン
年齢
6歳
傷病名
胃腸炎
内容
通院1日

診療明細書

診療項目 金額
診察 800円
検査 9,000円
点滴 2,000円
お薬 3,200円
合計 15,000円

image

image

異物誤飲の場合

リボンを飲み込んでしまったようだったので、病院に連れていきました。検査の結果、腸の中にリボンが見つかり、お腹を切って摘出手術を行いました。

image

品種
混血猫
年齢
1歳
傷病名
異物誤飲
内容
手術1回、入院6日
診療項目 金額
診察 1,500円
入院(5泊6日) 27,000円
検査 10,000円
全身麻酔 15,000円
手術 130,000円
点滴 20,000円
処置 10,000円
注射 6,000円
お薬 1,300円
合計 220,800円

image

image

  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。

  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。

  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

  • WEB申込み
  • 資料請求
PAGE
-TOP